韓方・漢方・薬膳の美味しいお店やイベントについてあれこれ書いています。オーガニックや自然なものも好き。カフェや旅行・韓国語のはなしもあり。

アンチではなくウェルで年を重ねていきたい。

昨日12月22日は冬至でしたね。

『陰極まって陽になる』

これからは少しずつ日照時間も長くなり、エネルギーが増えていきますね。
冬はエネルギーを貯めた方がいい季節と言われています。
ここで無理をすると(季節に抗うと)次の季節に影響が出るとも。
2019年を元気に過ごす為にも、少しゆったりと過ごしています。
(冬は朝寝坊してもOKと養生の本に書いてあるのはありがたい・(笑))

先日、来年から新しいことを学びたい!と思い、体験入学をしてきました。
1時間講義は、授業の内容も面白くて、その中で印象に残ったことば!

『女性は35歳を過ぎたら補腎が必要ですよ!そして補腎する生薬は高いのよね…』
全然違う話がメインだったのに、一番覚えているのがこれ!

東洋医学的には腎は生育に関わる器官。
成長、老化などに関係する器官です。

女性は7の倍数事に体調に変化があると言われていて、東洋医学的な考えだと28歳がピークだそうです。
つまり28歳を過ぎたら何らかのケアが必要になるとのこと。
この話、今年は耳にする機会が多かったです。
私が気になっているから、聞こえてくるのかな💦

アンチエイジングという言葉が聞かれて久しいですが、以前に韓方のお話を聞いた時に、
『自然と年齢は重ねていくものだから、アンチではなくウェルのほうがいいですね』と、先生が言われていました。
確かに!年齢は確実に重ねていくものだから、せめて不調は急激な変化ではなく、緩やかにお付き合いしていきたい。

冬は季節的にも腎の季節といわれていて、黒い食べ物を多めにとるほうがいいといわれています。
例えば、黒豆・黒米・黒豆・黒ゴマ・黒きくらげ・昆布やわかめなどの海藻・しいたけなどです

最近考えていること
同じようなことを11月にも書いてますね(笑)
今年はこの話を聞く機会が多いから自然と気になっているよう。
黒きくらげは貧血にも良いらしく、エビデンスも取れているとか。

食事としてとるのが難しい時は黒豆茶でもいいですよね。
黒い食材の効果を知ってから、もやしを買うときも黒豆もやしを意識しています。
小さなことかもしれないけれど、季節の変わり目、体調の変わり目も抵抗せずに自然に乗り越えていきたいなと思うこの頃。

しかし!最近、人生で一番筋力が衰えていると感じています。
ここは筋トレ&ストレッチで抵抗していきたいと思います(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA