韓方・漢方・薬膳の美味しいお店やイベントについてあれこれ書いています。オーガニックや自然なものも好き。カフェや旅行・韓国語のはなしもあり。

気血両虚を改善したい!エネルギー&元気を補充のためにやっていること。 

気血両虚を改善したい! エネルギー&元気を補充のためにやっていること。

こんにちは、リョウコです。

今日は私の自分自身の体調管理をして変わったことを書きますね。
まだ改善途中なので、今後に期待!!ですが、
体感として感じたことを書き残しておきたいと思います。

2020年以前の私

私は以前から、人と自分を比べて苦しむことが多かったです。
もっと頑張らないとだめだ…と思い、土日もフルで予定を入れていました。
結果として平日より長時間外出していることも多かったです。

その結果、2019年に訪れた三清の旅行。
韓方仲間といった旅行で、自分の体のバランスをグラフにしてみる機会がありました。

わかります?
この時、すごく疲れていたのもありますが、
土➡脾(胃腸・消化器)
金➡肺(呼吸器系)

を表すものが一桁だったんです…

どれだけ疲れていたんでしょうか…

こちら、満点は100です。
かなり無理していたんだと思います。
このころ、休みなく動いていたし、睡眠も短かった。

自分は元気だと思っているのに、会う人会う人に

『疲れてない?大丈夫??』

といわれていました。

こ翌日美容鍼を受けたところ、具合が悪くなる始末。
上のほうに気が上がってしまい、そのあとの行程はぐったりしていました。
(思い出しても、東医宝鑑の博物館に行けなかったのが悔やまれる)

その後、生理になり気が下りてきたこともあり、楽しむことができましたが
そのくらい体に貯蓄がないすっからかんの状態でした。

今思い出しても、無理して頑張っていたんだなと思います。

やりがちな失敗で体調を崩す

このほかにも仕事が忙しくて、必死になっていた時のこと。
気が付いたらまともに食事をしていなくて、体調を崩したことがありました。

まさしくこんな状態でした💦

食べているつもりだけれど、きちんと栄養が取れていなかった
疲れ切って食事をする気力すら残っていなかったんですよね。

食べるものはあふれているのに、栄養失調状態です。

薬膳を勉強しているのに、この状況はまずい!!
自信をもって健康といえるようになりたい!
そう思うようになりました。

2020年は必然的に家にいることが増えました。
私にとってはよい休息時間になりました。
無理していたことをやっと自覚し、休むことで不安に思っていたこと
(もっとやらなきゃという思い)が減っていきました。

夏頃から、友人の鍼灸師さんに手のひら灸を教えてもらい、セルフケアに加えました。
毎日続けられていないけれど、

『やると調子がいい!!』

そう感じられるようになりました。

その後定期的に鍼灸でメンテナンスしています。
少しつかれにくくなってきた気がします。

気持ちと体はつながっている

そして、2021年1月から転職し、また変化がありました。

いままでより格段にストレスが減ったんですよね💦(小声)
仕事はまだなれていないので、大変なこともたくさんあります。
これからストレスを感じることが増えるかもしれません。

今現在では

興味関心のある分野であること
朝の出勤が少し遅くなったこと

この二つだけで、すごく体が楽になりました。

最近は、一日のサイクルもつかめてきたので、
以前よりも遅く帰っているにも関わらず、夕食も作れるようになってきました。
また朝の出勤が少し遅くなったので、睡眠時間も30分長く取れるように。
睡眠をとることで気を補充するから、やっぱり睡眠は大切ですね。


Epsita MによるPixabayからの画像

今は、仕事に慣れることを第一に考えているので予定もあまり入れていない。
やらなきゃ!という気持ちが少ないこともいい方向にはたらいているのかもしれません。

やっと国際薬膳師らしく(周りの人に比べたら簡単すぎですが)
意識して、気(エネルギーチャージ)血(潤い&栄養チャージ)ができるメニューを考えられるように。
徐々にPMSが軽くなったり、イライラすることが減りました。

簡単な食事であっても補気&補血ができる薬膳を作れるようになってきたんです。


Denise HustedによるPixabayからの画像

体に良いと思って積極的にとっていた大豆製品も減らしました。
イソフラボンはとりすぎもよくないらしいです…
植物性タンパク質だし、好きだからたべていたのですが、
摂り過ぎていたようです。

大豆製品を減らして、お肉や血になる野菜(代表はほうれん草)を意識。
これだけでもPMSが軽くなりました。

不安になること、イライラすることが減ってきたと思います。
メンタルと体調不良はつながっていることを実感ししています。
そして、食で改善できるんだなと改めて思っています。

前の職場の私も今の職場の私自沈は大きく変わらないはず。
でも、私自身の気持ちは大きく違います。

一週間で必ず体がラクになるお手軽気血ごはん


お手軽気血ごはん 1週間で必ず体がラクになる

先日見つけて購入した本です。

女性に限らず忙しくしている方に読んでほしいなと思います。

働き方が変わって気持ちの切り替えがうまくできない方もいると思います。
また、忙しく自分のことをなかなか気にかける余裕がない方もいらっしゃるでしょう。

薬膳は市販品を利用しても、加工品を利用してもいいと思っています。
時間がある時は丁寧に作り、ない時は無理しない。
上手に使っていくことが日々の生活には大切だと思います。
(お惣菜も外食もコンビニご飯も食べるけれど、続かないように意識。)

RitaEによるPixabayからの画像
一番大切なのは、自分に関心を持ってあげること、そして労わってあげることだと思うんです。
それだけで変わってくると思います。

まとめ

私は婦人科系の疾患持ちです。
あと数年東洋医学の知恵を借りて、持ちこたえたいと思っています。
体の変化は必ず来るものなので、緩く下っていく準備を考えています。

そのために、

日々の食事
セルフケア
専門家のチカラ

こちらを取り入れ中。

少しずつ改善がみられると頑張ろうという気持ちも強くなります。
私ももう少し頑張ってみたいと思います。

すぐに結果がでるものではないけれど、
(不調に感じていた年数と同じだけかかるとよくいわれますよね)
昨日より調子がいいな 楽しいな

そんな風に積み重ねて、厚みのある歳の重ね方をしたいと思っています。
まだ、本格始動して2ヶ月程度なので、習慣になるようにしなくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA