韓方・漢方・薬膳の美味しいお店やイベントについてあれこれ書いています。オーガニックや自然なものも好き。カフェや旅行・韓国語のはなしもあり。

初心者さんでも大丈夫!韓方お菓子を食べながら、オリジナル消しゴムはんこを作ろう!





 

初心者さんでも大丈夫!韓方お菓子を食べながら、オリジナル消しゴムはんこを作ろう!

消しゴムはんこのワークショップを開催します!今回は韓方食材を使ったお菓子もお出しする予定です(*´︶`*)❤︎

詳細ページ

初心者さんでも大丈夫!韓方お菓子を食べながら、オリジナル消しゴムはんこを作ろう

きっかけは、講師をお願いした里美さんがSNSにアップする #bon飯 が美味しそうで写真だけでファンだった私。

前から『 韓方食材を使ったお菓子のイベントをやってみたいなー』と思っていましたが、お出しできるほどの腕は持っていません💦そこで、里美さんにお願いして、お菓子を作ってもらうことになりました💛

このワークショップでは、簡単ではありますが、韓方食材を使ったお菓子の説明と、韓国で買ってきたお茶も数種類お出しする予定です!


消しゴムはんこクリエイターとしては活躍する里美さんのレクチャーを受けながら、楽しくオリジナルの消しゴムはんこを作りましょう!

初心者さんでも大丈夫!韓方お菓子を食べながら、オリジナル消しゴムはんこを作ろう!

日時2019年3月10日(日)13時から14時30分(12時45分より受付)
開場 土屋グループ銀座ショールーム
会費 101年倶楽部会員 2000円 / 一般3000円(当日支払い)

消しゴムはんこクリエイターの仲田里美さんと、上級漢方スタイリストで韓方好きのtyorinkoことコバヤシリョウコでワークショップを開催します。

土屋グループ銀座ショールームさんのゆったりとした空間で、自宅のリビングにいるような雰囲気を感じつつ、手作りお菓子と韓方茶を楽しみながら、オリジナル消しゴムはんこをつくってみませんか?

消しゴムはんことは、消しゴムに図案を転写し、カッターナイフではんこの図案を彫っていきます。
子供のころゴム版画やイモ版画などを作った経験のある方もいらっしゃるかもしれません。
今回は消しゴムはんこクリエイターの仲田里美さんのレクチャーを受けながらオリジナル消しゴムはんこを作成します。

オリジナルのスタンプは愛着もわくこと間違いなし!

今回は作った消しゴムはんこをすぐに使えるように名刺大のメッセージカードもおつけします。
ご家族やお友達に一言添えてプレゼントしてみませんか?

また午後のティータイムとして、韓方食材を使用したお菓子とお茶もお出しします。

韓方ときくと、『韓方薬』のイメージが強いと思います。
しかし、韓方食材のなかには日々の食事の中で取り入れやすいものもたくさんあります。
身近な洋菓子にアレンジできないかな?いつもそんなことを考えていました。

そんな時、♯bon飯 のハッシュタグで上がってくるお料理やお菓子の写真たち。
日々の食卓がカフェのメニューのようです。

今回は、フランス菓子を学んだ仲田里美さんにご協力いただき、韓方食材をアレンジしたお菓子を作っていただくことになりました。
お楽しみに!

【注意事項】
お申込みはPeatixからお願いします。

Peatixからのお申込みをもって、お申し込み完了とさせていただきます。参加費は当日現金にてお願いします。
また、やむ負えない事情でキャンセルをさせる場合は3日前の3月7日24時までにご連絡ください。

それ以降のキャンセルにつきましては、ご遠慮ください。

後日お振込みにて参加費を徴収させていただきますので、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。
このワークショップでは一部刃物を使用いたします。

刃物使用時によるけが等につきましては、一切責任を負いません。各自注意を払い、ご使用ください。
ご質問等ございましたら、お気軽にお願いします。

【講師紹介】

仲田里美さん
消ししゴムはんこ作家(JESCAイレイサースタンプ協会上級資格所有)

2009年から消しゴムはんこを彫始め、2010年からブログやヤフオクを窓口としてオーダー開始。
不定期でイベントへの出品や講習会を開催

■バリスタ(JBAバリスタライセンス)
コーヒー好きが高じて2016年JBAバリスタライセンスを取得。
将来自分のカフェを持つのが夢。

【経歴】

・ヨーロッパの輸入子供服店でバイヤー、店長として8年従事。
出産を機に退職後10年間専業主婦と子育てをガッツリ楽しむ。専業主婦の傍ら、ハンドメイド雑貨や消しゴムはんこの作成を行う。
思いの外上手く彫れたことと、好きなフォントや花やリボンなどの図案を喜んでいただけて消しゴムはんこ作家として活動。
2017年時点で約1,200人のお客様に約1万個以上のはんこをお届け。

次女の小学校入学とともにお菓子工場へ勤務。
お菓子工場で働きながら、代官山のイルプルーシュルラ・セーヌでフランス菓子を学ぶ。
お菓子工場退職後、パン屋さんに転職。1年半後チーフに就任。
パン屋さんで働きながら将来自分のカフェを持つ夢のためバリスタの勉強をするため、レコールバンタンに入学。卒業。
JBAバリスタライセンスLevel1取得

お申し込みはこちらから

初心者さんでも大丈夫!韓方お菓子を食べながら、オリジナル消しゴムはんこを作ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA