韓方・漢方・薬膳の美味しいお店やイベントについてあれこれ書いています。オーガニックや自然なものも好き。カフェや旅行・韓国語のはなしもあり。

自己紹介【私と韓方】①私が韓国を好きになったきっかけ

今更感はありますが、よく聞かれることをまとめてみました♡

自己紹介【私と韓方】①私が韓国を好きになったきっかけ

韓国や韓方に興味がある方にお会いすると
『韓国に興味を持ったきっかけはなんですか?』
というお話をよくします。

ここでは自己紹介も兼ねて私が韓国に興味を持ったきっかけを書いてみたいと思います。

最初はドラマがきっかけでした

今回、自己紹介を書こうと思い、『一番初めは何だったかな?』と考えていました。
いろいろ考えた結果、一番初めは『冬のソナタ』『チャングム』という王道のドラマでした!

↑韓国ドラマの配信数が多くて好きです。以前に契約してました♡一ヶ月あれば結構みれる。

 

冬のソナタはアマゾンにもありました。配信です。(第1話
アマゾンプライム会員なら無料ですね♪
アマゾンプライム充実してます。

当時両親が祖母の家(父の実家)でお店をしていて夕飯を食べて帰ることが多かったんですね。
土曜日の夜、NHKで放送されていたドラマをみてから帰宅していた…というのが一番古い記憶かもしれません(おおげさ)
昔の大映ドラマのような波乱万丈な韓国ドラマは中高生の時にマニア気味だった私にははまりそうな要素が満載💦
当時はあまりいろいろ手を出さないようにしていました。(はまるのが怖いから)

そんな私がドラマを見て『このジェットコースターストーリーは危険…』と思ったのです。

ドはまりはしない程度に、当時地上波で放送されていたドラマや映画を見てました。
つまり、第一次韓国ブームから、興味を持ち始めていたんですよね。

実際少し前の2002年のワールドカップの時は全く興味がなく、伯父と兄は韓国まで試合を見に行ったというのに『パスポートが切れてるから』『翌週にライブで有休をとっているから』という今だったら考えられない理由で韓国行きを断っていました。(歴史的な日韓ワールドカップなのに)

今思えば、この時から韓国語を始めていたり、ドラマを見続けていたら、また違う人生だったのかな…と思うこともありますが、当時ははまらないことに必死でした。

それでもチャングムをみてスラッカン(王様の食事を作る厨房)は大切なところななんだなぁとか、当時が医女は身分が高くなかったのだなぁ…という認識を持っていました。

まさかその数年後に韓方を知るとは思いも知らず…

自己紹介②に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA