韓方・漢方・薬膳の美味しいお店やイベントについてあれこれ書いています。オーガニックや自然なものも好き。カフェや旅行・韓国語のはなしもあり。

【ハンバンスタイル協会】おうち韓方って何?韓国版おばあちゃんの知恵袋からみる「養生」「食治」

先日の9月2日ハンバンスタイル協会主催でセミナー&ランチ会を行いました。
(アレンモクさんを貸し切りでお借りしたので後ろがリアル!)

今回は講師として大阪のおうち韓方R アドバイザー協会より岩本明永先生をお招きしました。
岩本先生は大阪で講座を持たれたり、実際に韓医師を招いたイベントや講座をされています。
私も先生の大阪で開催されたイベントに参加したことがあったので、ぜひ東京でも開催したいと思っていたので、とてもうれしかったです。
当日は20人近くも集まってくださり、大盛況でした!!
準備段階の写真で失礼します!

ハンバンスタイル協会のFacebookページでもどうぞ!

今回のお話の中で印象に残ったことは、韓国で産後に養生のために食するわかめスープによって先生の子宮頸がんがなくなったというお話と、体を動かすエネルギーである「気」は生きたものからしか得られないというお話。

合成化合物は体にたまると聞いたことがあったけれど、自然の恵みや生命の力は「エネルギー」としての働きも違うんですね。
自分の体験から考えたときにイライラしたり、元気が出ないときはインスタント食品に傾いているなーと思い、反省しました。
「気」をめぐらせていなかったってことですね。

おうち韓方はむずかしいことではなくて、少し生活を見直すことから実践というお話。それは韓方に特化していなくてもよいとのこと。
日本人には日本にあった生活習慣があるから(発酵食品も豊富ですよね?)そこから見直す。
そのあと、レベル2として食薬をお茶や食事で取り入れていくことでより自分の体質にあったものをチョイスしていけばよいというお話でした。

また韓医師の先生も簡単には薬を出さずに、食事を見直しましょう。という先生も多いとのこと。食べること=体を作る=食治ですよね。

私もできることからはじめます。

講座のあとはアレンモクさんでの特別メニューです。

キムチの盛り合わせ
ナムルの盛り合わせ
エイと野菜の和え物
ヤンニョムケジャン
サムゲタン
23種のハーブのジュース

エイのと野菜の和え物はエイを発酵させているので少し独特の香りがします。
初めてたべたのですが、私はおいしかったです!
マッコリとあわせて食べるととてもおいしかったです。

今回先生とやりとりさせていただくことが多かったのですが、こんなかわいいカードをいただきました。


これからもハンバンを身近に感じていただけるような講座を開催予定です。

次回は梅田恵美子先生による韓方薬膳茶のセミナーを開催予定です。
先生のブログはこちら
11月26日銀座で開催予定です。
また詳細が決まり次第ご案内いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA